男性ホルモン 加齢臭

男性ホルモンが減るとなぜ加齢臭は強くなるのか?

男性ホルモンが減ると加齢臭が強くなっていくのはご存知でしょうか?

 

男性ホルモンは20代前後で分泌のピークを迎え、後は徐々に分泌量が減っていきます。
そして40代前後から加齢臭が出てくる人が多いようです。

 

実は男性ホルモンと加齢臭は密接に関係があるんですね。

 

20代で加齢臭って出てくることはあまりないですよね。
それは、男性ホルモンのおかげで加齢臭が出てこなかったんです。

 

男性ホルモンには、「抗酸化機能」や「脂質代謝」の効果があるのですね。

 

抗酸化機能が低下すると、体内で酸化が進み、加齢臭の原因となる成分が皮脂腺を通って毛穴から出てきます。
その臭いが加齢臭なんですね。

 

また、脂質代謝が低下することで、体内の脂肪やコレステロールが増えてしまいます。
そうなると加齢臭の原因の一つである「脂肪酸」が増えるため臭いが強くなってしまうんですね。

 

 

加齢臭を防ぐ方法とは?

加齢臭の原因は男性ホルモンが減ることで起きることはご理解いただけたかと思います。

 

男性ホルモンの分泌量を増やす方法はこちらで詳しく説明していますので、是非ご覧になってください。

 

テストステロンの分泌を増やす!簡単に増やす方法とは?
※テストステロンは男性ホルモンのことです。

 

男性ホルモンの分泌量を増やせば加齢臭を無くすことはできるようになりますが、それ以外の方法としては抗酸化の強い食事を積極的にすることです。

 

抗酸化の強い栄養と言うと、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチンなどがあります。
ブロッコリーなどの緑黄色野菜を多めに食べるなどすると良いですね。

 

野菜を多く食べることで体内の酸化を防ぐことができますので、加齢臭を減らすことが出来ます。

 

他にも脂の多いお肉などを控えるようにすると良いですね。
お肉より魚を食べるようにするとか、鶏肉だったらもも肉を胸肉に変えて、皮を剥いで食べるとかするとかなり脂を抑えることが出来ます。

 

ただ食生活を変えるのは「難しい」とか「続かない」という方は、男性ホルモンの分泌量を増やす方法をやってみると良いかと思いますよ。

 

テストステロンの分泌を増やす!簡単に増やす方法とは?

 

男性ホルモンが減るとなぜ加齢臭は強くなるのか?関連ページ

テストステロンの分泌を増やす!簡単に増やす方法とは?
テストステロンの分泌を増やしたい方へ有益な情報を載せています。
テストステロンの原料は?男性ホルモンをググッと増やす方法とは?
テストステロンの原料が知りたい方へ。
テストステロンが不足することで起こる症状とは?
男性ホルモン95%を占めるテストステロンが不足するとどのような症状があるのか調べてみました。
テストステロンが増えると疲れにくくなるのはなぜ?
テストステロンが増えると疲れにくくなるのは一体なぜなのか説明しています。
テストステロンの分泌量を増やす効果的な筋トレとは?
筋トレをすればテストステロンの分泌量を増やすことが出来るのですが、実際どのような筋トレをすれば効率的増やすことが出来るのか説明しています。
亜鉛でテストステロンは増やすことが出来るの?オススメのサプリは?
精力強化のために亜鉛のサプリを飲まれる方がいますが、テストステロンを増やす効果があるのか解説しています。
おすすめのテストステロンサプリ!副作用はあるのか?
テストステロンに副作用はあるのか説明しています。