テストステロン 不足

テストステロンが不足することで起こる症状とは?

テストステロンが不足することで様々な症状が起きるのですが、その中でも最も分かりやすい症状が「男性更年期障害」です。

 

男性更年期障害を簡単に説明すると、勃起力不足ですね。

 

  • 最近朝立ちをしていない
  • セックスの時に勃起しても柔らかい
  • 中折れしやすい

 

このような症状があれば、ほぼ間違いなく男性更年期障害です。

 

 

次に、テストステロンが不足することで起こる症状は「うつ」です。
何をするにしてもやる気が起こらず、ネガティブな考えになる症状です。

 

うつになると、以下のような症状も出てきます。

 

  • イライラしてくる
  • 体力・筋力の低下(それによる肩こり、腰痛)
  • 不眠
  • 頻尿
  • 慢性疲れ
  • 前立腺肥大
  • 勃起不全
  • 性欲低下

 

うつの場合気を付けて頂きたいのですが、これらの症状は初めは軽いんですよ。

 

症状が軽いので、周りの人から「怠けている」とか言われてしまいがちなんです。

 

特に男性はまだまだ周りからの理解が難しかったりするので、早めに対応していった方が良いです。

 

 

テストステロン不足は生活習慣の乱れやストレスで起こる

年齢別で言うと、テストステロン不足が30代からかかりやすくなります。
責任ある仕事を任されるようになったりすることで、ストレスも20代よりも多くなりがちですからね。

 

また30代からテストステロンの分泌量が徐々に減少していくのです。

 

ただ、テストステロンは20代の若年層でも大きなストレスや生活習慣の乱れからで分泌力が低下し、テストステロン不足になるケースが増えてきているようです。

 

 

テストステロン不足を解消する方法とは?

テストステロン不足を解消する方法として、ストレスや生活習慣の改善があります。

 

精力剤を飲むことでテストステロンの分泌量を上げてしまえば効率的ですが、それだけでは足りません。

 

ストレスの原因をしっかり考えて対策し、普段の生活習慣も改善する努力が必要です。

 

病院で男性ホルモンの薬を処方してもらう方法もありますが、これは最終手段です(医師の判断によります)

 

薬に頼ってしまうと、テストステロンの自己分泌力が低下してしまいますので、長期的に見ると後遺症で悩まされることになってしまいます。

 

テストステロンが不足している場合は、「ストレスを溜めないようにする」、「生活習慣を改善する」このことが基本になりますので、しっかり対応されることをオススメします。

 

 

日本一強力な精力剤!効果の高い順にランキング!

 

テストステロンが不足することで起こる症状とは?関連ページ

テストステロンの分泌を増やす!簡単に増やす方法とは?
テストステロンの分泌を増やしたい方へ有益な情報を載せています。
テストステロンの原料は?男性ホルモンをググッと増やす方法とは?
テストステロンの原料が知りたい方へ。
男性ホルモンが減るとなぜ加齢臭は強くなるのか?
年齢を重ねるとともに加齢臭が強くなりますよね?ここでは加齢臭と男性ホルモンについて説明しています。
テストステロンが増えると疲れにくくなるのはなぜ?
テストステロンが増えると疲れにくくなるのは一体なぜなのか説明しています。
テストステロンの分泌量を増やす効果的な筋トレとは?
筋トレをすればテストステロンの分泌量を増やすことが出来るのですが、実際どのような筋トレをすれば効率的増やすことが出来るのか説明しています。
亜鉛でテストステロンは増やすことが出来るの?オススメのサプリは?
精力強化のために亜鉛のサプリを飲まれる方がいますが、テストステロンを増やす効果があるのか解説しています。
おすすめのテストステロンサプリ!副作用はあるのか?
テストステロンに副作用はあるのか説明しています。