精力 落ちる

精力が落ちる5つの原因について説明します。

最近、精力が落ちてきているな〜と実感されていませんか?

 

実は精力が落ちる原因は5つありますので、それぞれ紹介していきたいと思います。

 

年齢からくる男性ホルモンの低下

どんな男性でも、通常25歳をピークに男性ホルモンの分泌は徐々に低下していきます。
男性ホルモンが少なくなることで、勃起力がなくなり、中折れしたり、早漏になってしまったりしてしまうのです。

 

ただですね、原因はハッキリわかっていますので、精力剤などで男性ホルモンを補ってあげれば、以前のような元気なペニスを取り戻すことも可能です。

 

精神的なもの

男性は意外とナイーブな方が多いので、エッチの時に一度失敗したりしてしまうと、「次も失敗したらどうしよう・・・」と不安になる傾向があり、中折れや挿入前に萎んでしまうことがあります。

 

他にも仕事でストレスがたまったりして精神的に落ち込んでいると、精力が減退し勃起不能になることもあります。
最近では、うつ症状に悩んでいる方も増えてきていますので、同時に精力が落ちている方も増えてきています。

 

慢性の病気

よく糖尿病の方は精力が減退するので、子供ができにくいと言われたりしますよね。
糖尿病以外にも肝臓や腎臓に病気を持っていても精力は減退してしまいます。

 

この場合は何も精力剤などで回復させようとする前に、病気を治すことが先決です。
病気を治すことで自然と回復することもありますので、まずは病気の治療に専念しましょう。

 

薬の副作用

薬の副作用についてですが、どのような薬でも大量に飲みすぎたりすると体に支障が起こり、結果的に生殖機能に異常をもたらすことがあります。

 

また、覚せい剤や麻薬、シンナーなどを常用していると神経管がマヒした状態になりますので、勃起もしなくなってしまいます。
煙草の吸い過ぎでニコチン中毒の方、お酒の飲み過ぎでアルコール中毒の方も同じように勃起障害を起こしている方が多いです。

 

中枢神経の障害

中枢神経の障害とは、交通事故などで背骨を負傷したりして下半身マヒになってしまうことです。
この場合は、背中からペニスに向けての神経が遮断されてしまっているわけですので、いくら強力な精力剤を飲んでも効果はありません。

 

日本一強力な精力剤!効果の高い順にランキング!

 

 

精力減退の理由